« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

キャンペーンの終わらせ方

現在NamaYakeは、オフラインで一つ、オンラインで二つTRPGのGMをやっています。
全部キャンペーンのシナリオです。
そのうちの二つのキャンペーンがそろそろ最終回を迎えそうです。
しかし、いつも思うがキャンペーンの終わらせ方って難しい・・・。

■ストーリー的な面
最終回ともなると、キャンペーンのこれまでのシナリオで撒いてきた様々な伏線を拾って、回収していかなきゃなりません。
それもできるだけ綺麗な形で。
誰だって最後はきっちり大団円で迎えたいものです。
まあ、そのためには最後に大ボスを出して、それをPCに倒してもらうってのはわかりやすい形ですね。
どこで終わりなのかよくわからん締まりのない話だと、プレイヤーもGMもスッキリしませんしね。

■人的な折り合い
なんのこっちゃないプレイヤーとの折り合いです。
「そろそろ最終回だよ~」とプレイヤーに伝えると、プレイヤーのほとんどは「まだ続けたい」とか「最高レベルまでいこうぜ」とか必ず言うわけですよ。
自分がプレイヤーであってもきっと同じことを言うでしょう。
プレイヤー的にはおもしろいキャンペーンはずっと続けていたいし、キャラもどんどん育てたいしね。
プレイヤーのそういう意見は嬉しい反面ちと辛いものもあります。
GMの立場からすると、ずっとキャンペーンを続けるの困難です。
ストーリー的なものやキャラのレベル的なものもあります。
それより切実なのは、同じゲームをずっとやってるとGMだって別のゲームがしたくなるんです!
(おいらだけかな・・・)
いくつもキャンペーン並行してGMやるってのは、GM的にもプレイヤー的にも避けたいところですので、結局新しいキャンペーンを始めるためには古いキャンペーンは終わらせなければならないのです。
現在のキャンペーンをちゃんと終わらせずに新しいキャンペーンを始めてしまい、ちゃんと最終回を迎えることなく途中消滅したキャンペーンのなんと多いことよ。
(おいらだけかな・・・)
やっぱり最後はきっちりかっちり最終回で締めたいものです。

そんなことを考えつつ、最終回どう締めるかなあ・・・プレイヤーをどう納得させるかなあ・・・と考えながらシナリオを考えるわし。
他のGMはどうやってキャンペーンを綺麗に終わらせてるんだろうなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/21

SW2.0でキャンペーンをしてみる7

オフラインキャンペーンの何回目だかわからんセッション。
今日は久々のフルメンバーでプレイヤーは4人だ。

前回のセッションがシナリオ3本のうち、
1本目-ウィルダネス(野外冒険もの)
2本目-ダンジョンもの
3本目-ダンジョンもの

という構成だったので、今回はシティアドベンチャーにすることにしました。
街で起こった事件を調査するために、街中を走り回ってもらいましょう!
シティアドベンチャーって奴は、出てくるNPCも多いし、謎解きは適度に情報を出さないとセッションの時間が長くなったりといろいろ気を使います。
とは言うものの、このNamaYakeGMは手抜きなので、事件の真相と街のマップだけ作って、あとはアドリブでしたけどねー(超危険
プレイヤーの行動によって、展開が読みにくいところがありますが、一応前半は街での情報収集、後半はダンジョンで敵と対決というシナリオを想定。
展開次第では途中できって、シナリオ2本になるかも・・・みたいに思ってましたが、あっさり1本で終了。

シナリオの小道具として、街の地図だけは用意したものの、それだけでは味気ないので、今回はFEARゲーっぽく各PCのコネクションを用意してみました。
ってか、今まで各キャラの経歴とかキャラシートにあったのですが、GMが全く利用してなかったのです。
ここらでいっちょシナリオネタに使わせてもらうかな、と。
実は集まったプレイヤー諸氏はFEARゲーとか全くやったことのないプレイヤーばかりでしたので、コネクションというものが受け入れられるかどうかちと心配ではありました。
これは一種の賭けというか実験というか。
キャンペーン終盤にきて、今更PCの設定使い出すなよ、とか言われそうですが(笑)
まあ、プレイヤー諸氏は特に拒絶反応もなく受けいれてもらえたようで、一安心でした。
たまにはこういう普段と違うことをしてみるのもいいものかと。
しかし、せっかく作ったコネクションのNPCをGMがうまく使いきれなかったので、自分的には70点ぐらいだな。

肝心のシナリオのほうは、プレイヤーがほぼ迷うこともなく一直線に事件解決へと向かったのであっさり解決。
ええ、戦闘のほうもあっさりと・・・。
8レベルのバジリスクや11レベルのアイアンゴーレムが1ラウンド持たないとは!
このPTは前衛のファイターとグラップラー二人が両方ともスカウト7以上のファストアクションもちなので、1ラウンド目で先手とると攻撃力が半端ないことに・・・。
次回からはGMも戦闘の仕方を考えないといけなくなりそうです。
プレイ時間は3時間ほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/18

スパロボα for Dreamcastの4

最近忙しくてサボリ気味。
でもチョコチョコ進めて、なんやかんやで33話トランスフォーメーションまで進める。
ここまでにいくつか失敗が・・・

27話マシン展開でゲア・ガリングの撃墜に失敗。
改造資金足りなくて、ビルバインのハイパーオーラ斬りの攻撃力が足りんかった(´Д`;)
2,3時間粘ってショウの気力を150にしたり、色々小細工したがどう計算しても数百足りなかった罠・・・。

33話トランスフォーメーションでマックスとフォウが撃墜された(´Д`;)
無改造なので集中使っても雑魚の攻撃の命中率が10%前後あるんだよなあ。
HPも少ないので当たると即死。正直このへん運ゲー。
でも、苦労してブリタイ艦を撃墜したので、やり直すの面倒なのでそのまま続行。
ブリタイ艦落とすためにダンクーガを改造した甲斐があったってもんよ?
でも、正直ダンクーガって断空光牙剣以外微妙だなー・・・(--;
個人的にはスーパー系で役に立ってるのは、
ライディーン>>>マジンガーZ>>ダンクーガ>ボルテス&コンバトラー>ゲッターロボG>>ジャイアントロボ>>>主人公

ライディーンだけ超射程に高燃費と恵まれすぎてるような希ガス。この後さらに必殺技増えるし・・・。
燃費だけならマジンガーのほうが上だが・・・。(ブレストファイヤー以外ほとんどEN使わないし)
ダンクーガは断空光牙剣と野生化がなかったらいいとこ無し。
ボルテス&コンバトラーは5人分の精神コマンドが嬉しい。が、燃費悪すぎ・・・。
ゲッターは燃費悪いは装甲薄いわ、運動性微妙だわ、いまひとついいところが・・・。真になれば強くなるのかなあ。
ジャイアントロボはDC版になってちょっと強化されたらしい。移動力が7で加速持ち! む、無駄に足はえええええ! でもそれだけ。
主人公のグルンガストは、ひたすら我慢の日々であった。改造引継ぎないのわかってるから、強化する気も起きないし・・・。
まだまだ先は長いぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/09

㍍つ

ニコニコ動画で人気のsupercellのCDを買ってみましたよ(`・ω・´)
ええ、メルト聞くためです。

ソフマップ行ったら売り切れてた。
けっこう売れてるようです。
しょうがないのでとらのあなまで行って購入。
別に初回限定版でなくてもよかったけど、500円ぐらいしか違わないみたいだし限定版でいいか。

で、帰ってさっそく聞いてみました。
アレンジが微妙。。。オリジナルが聞きたかったでがんす(´・ω・`)
でも、初見の曲がけっこうよかったので、まあいいか。
そんな感じ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/08

いきなり生セッション1.2

今日はわしが主催のSW2.0のオンラインセッションの2回目でした。
前回のシナリオが1回で終わらなかったので続きからです。
本当は1回で終わらす予定だったのですが、前回時間足りなくて終わらなかったのだ。

1回で終わらす予定だっただけに、ダンジョンのマップは非常に簡単なもの。
今回コレをこのまま使うと1時間ぐらいで終わっちゃうなー・・・と急遽ダンジョン増築。
ダンジョン内の分岐を増やしてみた。
ってか、これでもかなり簡単なほう。
ダンジョン探索メインの話でもないので、マップは簡単でいいであろう。

そんなことより、実はだすモンスターに困る。
ファイアボルトを撃つモンスターを出したかったのだが、蛮族の中に妖精魔法を使えるのが、ケンタウロスかゴブリンシャーマンしかいない。
ケンタウロスは状況的におかしいし、5レベルのゴブリンシャーマンはこのパーティには酷過ぎる。
ってことでオリジナルのモンスターを作る。
3レベルのコボルドシャーマン誕生。
そういやSW1.0のときにも、ゴブリンにはシャーマンがいたけどコボルドにはいなかったなあ・・・(´-`)

最後の戦闘は3レベルのボガードが1匹、コボルドシャーマンが2匹。
戦闘用のスキルが軒並み1レベルのPCたちにはちょっと厳しいバランスかな。
特に低レベルPCにはボガードの連続攻撃は脅威でしょう。
今回のPCはHP低めだし。
ってことでボガードは最初は逃げに徹する状況でバランスを取ろう、なんてGMは考えていたわけですよ。
そしたらね・・・・

PCたちのそのクリティカル連発はなんじゃああぁぁぁぁぁぁぁぁ!(゚д゚)
3レベルモンスターがなすすべなく瞬殺でした。
まあ、このレベル帯だと、モンスターもHP低いのでさもありなん・・・・。
結局このシナリオ中では、誰も怪我さえしませんでした。
次回はもっとPCたちを苦戦させてやるぜい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/01

スパロボα for Dreamcastの3

25話クロスボーン・バンガードまでクリア。
だんだん戦闘が面倒くさくなって、ペースが激減。
ゲーム以外にも色々やらなきゃいかんことがあるしのう。

ココ数回熟練度のゲットで苦労する。
24話ソロモンの悪夢で、ガトーのガンダム試作2号機を撃墜すると熟練度+1だが、こいつが厳しかった。
初期配置が主人公とコウ・ウラキ少尉だけで、ガトーはさっさと撤退しちゃうので、主人公は射程に入ることもできず。
実質コウ一人でガンダム試作2号機を撃墜しなきゃいかんわけで。
コウのガンダム試作1号機はココまで無改造。
<熱血>使ってビームライフルやビームサーベル当てても、せいぜい2000強のダメージ。
ガンダム試作2号機のHPが8000弱。
コウのSPでは<熱血>使えるのは2回が限度・・・。
無理じゃん!?(゚д゚)
熟練度のためにガンダム試作1号機の武器を改造することも考えたが、3号機に引継ぎ無いっぽいし、2軍落ちする可能性も高いためにそこまでする気にもなれず・・・。

2,3時間悩んだ後、無改造でも倒せることに気づく。
シュラク隊の面々が<期待>や<再動>もってるじゃん!?Σ( ̄□ ̄;)
コウが<熱血>でビームサーベルで殴る→ウッソのVダッシュが<加速>で近づく→シュラク隊の<再動>でウッソを見行動状態に→Vダッシュの<熱血>オーバーハングキャノン→コウの<熱血>ビームサーベル でなんとか倒せた・・・。
途中ガトーに切り払いやシールド防御されると倒しきれないことがあり、数回やり直すハメになりましたが。

25話のクロスボーン・バンガードも、ドレルを倒すと強化アイテムが手に入るので何とか倒せないかなーと思ったけど、こっちはどうやっても無理くさいな。
シーブックのF91しかいないし、初登場なので改造もできないし・・・。

こんなことしてるから、話すすまないんだな。
しかし、最近主人公のブリットが完全に空気だ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SW2.0でキャンペーンをしてみる6

土曜の昼から日曜未明まで、SW2.0のオフラインセッションでした。
シナリオ3本もGMさせられましたよ。
1本で終わるはずだったのに、3本もやるとは!
久々に長時間セッションで疲れました。

肝心のセッションの中身は、戦闘が多すぎてぐだぐだ風・・・。
ランダムエカンター表用意してたら、プレイヤーのダイス目が悪くて遭遇しまくる。
遭遇率は4割以下に調整してたはずなのに、8割以上遭遇してた。なぜ・・・。

PCのレベルが8,9レベルになりまして、最近はもうGMも手加減とか考えずに完全に殺る気マンマンでセッションしてます。
いやー、こんなモンスターだしたら誰か死ぬだろう・・・とか思っても意外と死なないもんですね(ぉぃ
低レベルのときと違って、高レベルになると戦術の幅が広がるので、戦術次第で色々変わってきますね。
単純にレベルや数だけでは判断できません。

さて、キャンペーンもそろそろ終盤戦だ。
そろそろオチを考えねばな・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »