« 第二次αの18 | トップページ | 第二次αの19 »

2009/11/03

MicrosoftSecurityEssentialをいれた

これまで使っていた無料版のAVG8が突然、「アップデートコントロールCTFファイルが無効」のメッセージがでてアップデートできなくなってしまいました。
ググると、C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\avg8\update\download以下のCTFファイルを削除すれば直ります、みたいなことが書いてあったのでやってみたが復旧せず。
どうしたものかとしばし悩む。

AVG入れなおすのも面倒なんですよね。
なにより無料版のAVGってダウンロードサイトがすごく重いので。。。
でもよく考えたら、別にAVG使わなきゃいけない理由はどこにもないのでした。ただ今まで無料だったんで使ってただけで。
そういや、この前MicroSoftからもなんか無料のセキュリティソフト出たんだっけか?と思い、この機会にそちらに乗り換えてみることにした。

まず、AVG8をさくっとアンインストール。
MicrosoftSecurityEssentialは、ググるとすぐにダウンロードサイトが見つかったのでダウンロードしてインストール。
あっさり終了。
その場でアップデートとクイックスキャンが走るが、10分ほどで終了。
どうやらこの時点ではまだ全部の更新項目がインストールされていないようだ。WindowsUpdateと同じで、Windows終了のときに残りがインストールされます。
なので再起動する。

さっそく設定画面で色々自分好みにカスタマイズしようと思う・・・・・が、設定項目が非常に少ない。
簡単といえば簡単だが、あんまり自分好みにカスタマイズして使う類のものではないようだ。
とりあえずほぼデフォルトの設定のまま使ってみるが、今のところ特にPCが重くなることもないようだ。
PC自体のスペックが昔と比べ物にならんぐらい上がってるせいもあるでしょうがね。
どのぐらいの頻度で定義ファイルの更新がされるかとか、ウイルス検知の信頼性とかまだまだわからないところですが、しばらくこのまま使ってみようかと思う。

ところでふと気になったのだが、このMicrosoftSecurityEssentialってセキュリティソフトなので当然常駐して、タスクトレイにも常駐アイコンが表示されます。
しかし、常駐アイコンを右クリックしてもメニューは「開く」しか表示されない。
もしかして、MicrosoftSecurityEssentialを終了することってできないのか・・・(汗)
すごくイヤンな感じ。

|

« 第二次αの18 | トップページ | 第二次αの19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MicrosoftSecurityEssentialをいれた:

« 第二次αの18 | トップページ | 第二次αの19 »